兼業CFDトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

13年間のFX投資で鍛えたテクニカル分析をCFDにも活用。毎日、売買シグナルを完全無料で公開中。毎日1回のみ、手軽にCFDでの安定収益を目指します!

TOP >  週間成績 >  【EMA-CFD】週間成績(R2.7.4)

【EMA-CFD】週間成績(R2.7.4)

一週間の決済取引を銘柄別にまとめ、今後の改善につなげていきます。
今回は、6月29日~7月3日の取引をまとめます。
カッコ内の回数は、決済回数です。


※今回は、7月1日の新規取引から、株価指数CFDの取引業者を、GMOクリック証券からOANDA Japanに変更した関係で、両者に分けて報告します。

【GMOクリック証券での取引分】
日本225 → -304円(1回)
米国30 → -774ドル(1回)
米国S500 → -82.9ドル(1回)
米国NQ100 → -252.3ドル(2回)
金スポット → -2.9ドル(1回)
原油 → -1.09ドル(1回)
天然ガス → -0.064ドル(2回)

【OANDA Japanでの取引分】
US100 → +50.6ドル(1回)
US2000 → +10.1ドル(2回)
EU50 → +21.0ユーロ(2回)
GER30 → +105.5ユーロ(2回)
AUS200 → +20.2豪ドル(1回)


今週は、決済の取引回数が17回でした。
7月から株価指数CFD銘柄の投資対象を5種類増やしていますので、取引回数も増加していくものと考えています。

結果はご覧の通りで、もう書き飽きましたが、6月26日の新規ポジションが見事に大敗した関係で大きくマイナスとなっています。
しかし、7月からのOANDA Japanの結果が示すとおり、既に巻き返しに入っています。

上記の結果は、各銘柄のCFD価格での損益値幅であり、実現損益とは全く異なります。
実際の取引時には、この値幅に取引数量分を掛け算した金額が実現損益となってきます。

今週の大敗は授業料だと考え、しっかりと今後の研究材料にしていきます。

Last Modified : 2020-07-04