兼業CFDトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

13年間のFX投資で鍛えたテクニカル分析をCFDにも活用。毎日、売買シグナルを完全無料で公開中。毎日1回のみ、手軽にCFDでの安定収益を目指します!

TOP >  月間成績 >  【EMA-CFD】月間成績(R2.6月)

【EMA-CFD】月間成績(R2.6月)

月間成績をまとめ、長期間運用で安定収益が図れているのかを確認しつつ、改善すべきを改善していきたいと思っています。
今回は、R2.6月分の月間成績です。
取引日単位での6月30日までの決済分をまとめています。
(月をまたいで持ち越しているポジションがある場合には、来月分の月間成績に含めます。)

下の表は、全ての取引結果をCFD銘柄別に集計したものです。



今月は、5月と比較して取引回数が増加し、順調に推移してきた中、月末に大きな損失を計上してしまいました。
この日は、株価指数4銘柄全てで取引をし、全て大敗を喫したのですが、敗因分析を今後に活かしていきたいと思います。
その6月26日の取引さえなければ、絶好調の6月だったはずですが、これも含めての売買ロジックですから、しっかりと反省していきたいと思います。
そんな中でも、金スポットが安定した取引でした。


次に、参考までに、「現在の具体的な投資手法」で公開している、取引数量入力参考数値で取引した場合での、円ベースとドルベースでの実現損益を掲載しておきます。

※なお、7月からは、新たな「現在の具体的な投資手法」に基づいていますが、この下表は、6月までの記事に基づいたもので算出しています。

皆さんが実際に取引される場合にも、取引数量数値を入力して発注することになるのですが、表中「※2」欄の数値を入れ替えて計算することで、実現損益のイメージをつかむことが可能となっています。

ドルベースの実現損益は、GMOクリック証券の場合、3時間ごとに公式サイト上で、コンバージョンレートが公開されており、決済時点での当該レートで円換算して取引口座に反映されていきます。



Last Modified : 2020-07-03