兼業CFDトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

13年間のFX投資で鍛えたテクニカル分析をCFDにも活用。毎日、売買シグナルを完全無料で公開中。毎日1回のみ、手軽にCFDでの安定収益を目指します!

TOP >  CFDレート分析状況 >  【EMA-CFD】レート分析状況(R2.6.5 現在)

【EMA-CFD】レート分析状況(R2.6.5 現在)

投資対象銘柄の現在のCFDレート分析状況です。
各銘柄のテクニカル分析をした現時点での方向性を探るものです。

「売り」、「買い」、「様子見」とあっても、実際に朝に売買シグナルが発生するかどうかは、この後の値動き次第です。
また、売買シグナル発生時には、逆のシグナルが発生する可能性もあります。

最終的な、売買シグナル発生の確定は、朝の記事にてご確認ください。

※近日中の朝に売買シグナルが発生する可能性を含めて、値動き、チャート形状に注目しているCFD銘柄の横に、「○」を付けています。
こちらも参考であり、売買シグナル発生の有無に直結するものではありません。

日本225 買い
米国30 買い
米国S500 買い
米国NQ100 買い
金スポット 様子見
銀スポット 買い
原油 買い
天然ガス 様子見

以上のようになりました。
相変わらず、株価指数の上昇基調が続いています。
先ほどの、アメリカ雇用統計の予想外の好結果に伴い、為替相場ともども、リスク選好の動きとなっているようです。
このあと、23時から、雇用統計に関して、トランプ大統領の会見があるそうなので、こちらにも注目です。


 にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 CFD取引へ にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
 ↑上のバナーをクリックして、ランキングアップにご支援お願いします。

  ←Twitterでフォローしていただくと、サイト更新時に通知が届きます。
 リアルタイムで売買シグナルを受け取りたい方は、フォローし、ツイート通知設定をお願いします。

現在、フォワードテスト中のOANDA Japan(オアンダ ジャパン)は、日経225が午前7時00分から取引できたり、16種類の株価指数CFD銘柄を取り扱っています。
さらに、スプレッドも最狭水準、MT4とMT5も使用可能で、後発組ならではの有利な取引環境が整っています。
 OANDA Japan(CFD)
6月末までのフォワードテストを経て、7月1日からの株価指数CFD取引は、OANDA Japanでの取引に変更します。

国内シェアNo.1の信頼度と、スプレッド最狭水準等の取引環境が整っているGMOクリック証券です。
 GMOクリック証券CFD
7月1日からは、商品CFD取引での利用となります。

原則固定スプレッドでの取引環境が整っているDMM.com証券です。
 DMM CFD
6月29日、スマホ用取引ツール『DMMCFD スマホ』がリリースされ、これまで弱点だったスマホでの取引環境が大幅に向上しています。

Last Modified : 2020-06-13